これは辛い!?婚約指輪を渡したけど失敗した逸話

お洒落なお酒の中に入れたけど気づかれなかった

男にとっては非常にべたな演出ですよねこれは。場所はホテルの最上階の夜景が綺麗なラウンジ。夜景を見ながら夕食を食べ、超がつくほどお洒落な店内で、お酒を飲みながらいざプロポーズ。彼女のお酒の中にこっそりと忍ばせた婚約指輪。しかし彼女は何とそれに気づかず、お酒と一緒に指輪まで飲み込んでしまう。何ともせつな過ぎる話ですよね。そもそも飲み込んでしまったものは、下から出すしかありませんし、その後の方がきになります。なといっても高価なものですからね。

そもそもサイズが合わない

これは男側の完全なるミスですよね。せっかくプロポーズが成功して、いざ準備しておいた婚約指輪を彼女の薬指にはめようとしたら、入らないというおち。お互い残念極まりないですよねこの状況は。しかし、男側としては、そんな失敗も笑い飛ばしてくれる彼女を奥さんにしたいと本気で思うでしょう。それで険悪なムードにでもなったら、そもそも、その後の結婚生活に暗雲立ち込めるどころのはなしではなくなりますよね。指輪選びは慎重に。

ダサすぎるデザインの婚約指輪

女子にとって結婚は一生に一度のとっても大切な一大イベント。その始まりがプロポーズであって婚約指輪なのです。ですから、婚約指輪に対する憧れやこだわりは、男にとってこれはなかなか理解し難い部分ですよね。そんな女心をないがしろにしてしまった結果が、ダサすぎるデザインの指輪のチョイスですよね。もしかすると、うまくいく可能性が大きかったにも関わらず、これだけで100年の恋も冷めてしまうかもしれませんので、チョイスに自信が無ければ、彼女同伴で選びましょう。

婚約指輪で迷った時に投げやりにしてしまい、彼女と喧嘩してしまうということがあるかもしれません。だから二人で指輪を決め、最高のサプライズで渡しましょう。